« あ、そっ | トップページ | アフロブルーな夜 »

2008年10月28日 (火)

桜島って十七変化?

桜島8

東洋のナポリとも呼ばれる鹿児島。鹿児島湾西岸の市街地から桜島を望む景観が、ナポリからベスビオ火山を望む景観に似ていることから、そう呼ばれるらしい。らしいとしか言いようがないのは、小生はナポリに行ったことがないので・・・。

ナポリが出たので、ついでに言っておくが、地形が似ているということから、鹿児島市とナポリ市は姉妹都市提携をしているそうだ。だから、それを記念して、鹿児島中央駅前の通りに「ナポリ通り」というネーミングのストリートがあったりする。さらには、パース通りとかマイアミ通りとかいうのもあって、これらの都市とも姉妹都市になっているそうだ。もっと言うなら、ナポリとかマイアミには鹿児島通りが、パースには鹿児島公園があるそうだ。そのうえ・・・と続けたいところだが、蛇足なのでこのあたりでやめる。

さて、今回のテーマは桜島である。鹿児島のシンボルとも言われる桜島は、よほど高いビルにでも遮られない限り、市内の随所から望むことができる。活火山でもある桜島は、風向きによっては降灰をもたらし、また、空気中に漂う火山灰のせいで洗濯物を黒く染めてしまうなど、市民生活になんらかの影響を与えている。そのようなこともあってか、鹿児島の天気予報には、「桜島上空の風向き」という他の地域にはない情報が流される。

話は変わるが、例年に比べて今年は、何故か鹿児島に来ることが多かった。ただ、鹿児島市内から桜島に渡り、そのうえ一巡りして帰って来るというのは、出張のついでに・・・という、自分達の旅スタイルからすると、ちょっと厳しいかもしれない。なぜなら、往復で半日くらいはかかると見込んでおかなければならないからで、時間的な制約から、従来の出張においては、城山展望台から眺める、「いつもの桜島」で済ませるしかなかった。

その程度の桜島観光でお茶を濁していたのだが、今回の日程では、先方の都合で(あくまでも先方の都合で・・・)午前中の日程が、すっぽり空いてしまった。すっぽり空いたからには、これを無為に過ごすことはあるまいという結論に達し、出張二日目の午前中は桜島巡りをすることに決めた。それで、どこからスタートするかと考えた。いつもの城山展望台では芸がないので、小原庄助を気取ってという訳ではないが、朝風呂から望む桜島からスタートすることにした。

桜島1

■城山観光ホテルのさつま乃湯から望む櫻島

その場所はどこかというと、モノレールを使って羽田に向かうことを常としている人なら、「ああ・・・」とすぐ思い浮かぶ、あそこの湯からである。それは、城山観光ホテルにある「さつま乃湯」。温泉に憩うご婦人方のバックに、少し噴煙を上げる桜島。それが大きなパネルとして掲げられているので、ご覧になったことのある方もおそらく多いのではないかと思う。

ちなみに、さつま乃湯には、城山観光ホテルの宿泊者なら誰でも、無料で入浴できる。宿泊料が1万円くらいのビジネスパックで宿泊すると、部屋のサイズに比して、ベッドがデカすぎるので、通路側から窓側への移動がなかなか難しい(カニ歩きではないと行けない)という難点はあるが、グレードの高いサービスと設備、さらに露天風呂に浸かりながら眺める雄大な桜島が、そんな些細なことは忘れさせてくれる。

さて、お風呂ばかりに浸かっていても仕方がないので外に出よう。桜島に行くには、フェリーに乗らなければならない。因みに、桜島は島とはいえ、現在は大隈半島と繋がっている。だから、垂水市の早崎地区というところから、国道220号線と224号線を経由して、車でも入ることができる。時間的に余裕があるのなら、ドライブがてらそれもよいかも知れないが、時間的にも経済的にもフェリーを使うことをお薦めする。

桜島2

■錦江湾上で、桜島港からのフェリーとすれ違う

フェリーは、鹿児島港桜島ターミナルと桜島港との間を15分で結んでいる。なお、このフェリーは民間の運営ではなく、鹿児島市営で、驚いたことに24時間営業である。陸続きにもなっているので、なぜ24時間営業となっているのは分からないが、人口5700から800人くらいの島に、頻繁にフェリーを往復させるのは、それ相応の理由があるのだろう。

フェリーに乗って桜島に着いたまではよいが、島内でどのように行動するか全く考えていなかったので、少しこまった。というのも、島に着いたら、観光バスとか路線バスとかそれなりにあるのだろうと考えていたが、それは大きな間違い。路線バスは本数が少なく。観光には不向きであることが判明。さらに、観光バスは、桜島港を出発する時間が早い。ついでに言っておくと、主だった観光バスは、桜島港ではなく、例えば、JR鹿児島中央駅前あたりから出発するので、そのあたりは事前にチェックしておいた方がよいだろう。

とはいえ、とにかく来てしまったからには、どうにかしなければならない。それで、伊良部島に渡った時のように、観光タクシーでもと考えてあたってみたが、島一周の料金が9000円くらいかかるというので、パスすることにした。他の手段が何かないかと探していたら、レンタサイクルという看板があって、どうもそこにレンタカーがあるらしいということが分かった。

レンタカーは流石に高いのではないかと思ったが、そこの店主と奥方によれば、軽自動車で2時間、4500円だという。今回も相方がいたので、一人当たりにすると2000円ちょっとになる。という流れで、レンタカーを借りることにしたが、肝心の軽自動車が全部出払っていた。しばらく、躊躇していたところ、店主から「軽と同じでいいから」と普通車を勧められた。こちらにとってはラッキー、お店も車を遊ばしているよりは・・・という判断からか、ともかく、レンタカーは確保できたので、店主と奥方から教えてもらったルートに沿って、島を一巡りすることにした。

桜島3

■湯之平展望所の記念碑と北岳

桜島4

■湯之平展望所より、錦江湾ごしに鹿児島の市街を望む

まずは、定番の湯之平展望所に向かう。湯之平展望所は桜島中岳中腹の373mのところ、中岳の標高が1040mなので、だいたい4合目くらいにある展望所である。展望所までは、桜洲小学校のある小池町あたりから山道を登っていく。車でもなければ、ちょっときついのではないかという勾配だが、普通のレンタサイクルで登っていると思われるご婦人がいた。道が分岐するところに立って、額に手をかざしながら、微動だにしていなかったので、最初、何らかの案内板かと見間違ったくらいだが、多分板ではなかったように思う。それでも、やっぱり見間違いかな?と首を捻りながら、しばらく進むと桜の花びらのような屋根のある展望所に着いた。

まずは、霧島屋久国立公園「桜島」湯之平展望所の文字が溶岩に刻まれた記念碑とともに、北岳の威容を仰ぎ見る。北岳は標高こそさほど高くもないのに、途中から植生が途切れている。流石に活火山だなという印象を受ける。

北岳の見える反対側からは、真っ青な錦江湾を挟んで、鹿児島の市街地が見える。右手に回り込めば大隈地方、左手には開門岳まで一望できる。因みに、ここから、見る夜景もなかなかのものらしい。同じ展望台にいながら、一方では穏やかな錦江湾が望めて、その反対側では荒涼とした火山の風景が広がる。ここ湯之平展望台は、まさに桜島観光の定番スポットといえる。

桜島5

■溶岩原ごしに望む櫻島(烏島展望所)

桜島には、数々の噴火の歴史があるが、その一つに「文明大噴火」というのがある。フリー百科事典ウィキペディアによれば、1471年(文明3年)9月12日に大噴火が起こり、北岳の北東山腹から溶岩が流出し、死者多数との記録がある。2年後の1473年にも噴火があり、続いて1475年(文明7年)8月15日には、桜島南西部で噴火が起こり、溶岩(文明溶岩)が流出した。さらに、翌1476年(文明8年)9月12日にも、桜島南西部で噴火が起こり、死者多数を出し、沖小島と烏島が形成されたという。

こうして、形成された烏島であったが、1914年の大正大噴火で呑み込まれ、完全に埋没したそうだ。湯之平展望所を下りて、次に訪れた烏島展望所にはこんな歴史があった。現在は、大正溶岩と呼ばれる溶岩原の一部になっている烏島展望所は、昔は島だったと思うと、その噴火の凄まじさに驚くばかりである。

桜島7

■島の反対側に回ると、桜島も違った表情を見せる(有村溶岩展望所)

烏島展望所を後にして、大隈半島と桜島の接合部の方に向かいながら、その途中で有村溶岩展望所に寄ってみた。有村溶岩展望所は、桜島の南側の有村崎の付け根にある展望台で、1946年(昭和21年)の南岳東側中腹の大爆発で流出した昭和溶岩流で誕生した小高い丘にある。ここで、仰ぎ見る桜島は、鹿児島市内から見える桜島とは少し趣が違うようだ。こうして、ぐるりと桜島を巡ってみると、同じ桜島なのにいろいろな表情を持っていることに気づく。

有村溶岩展望所の周囲には、全長1kmに及ぶ溶岩遊歩道も整備され、錦江湾や南岳を眺めながら、溶岩原を散策できるらしいが、レンタカー店の情報によれば、遊歩道に入って時間を費やしてはいけないとのことで、10分くらいの滞在でここを後にした。

桜島7

■大正大噴火の猛威を後世に伝える黒神埋没鳥居

途中で、「放浪記」で有名な女流作家・林芙美子の文学碑に立ち寄りつつ、桜島巡りツアーの最終目的地である黒神埋没鳥居を目指す。桜島東岸の道路脇にある埋没鳥居は、桜島噴火の猛威を後世に伝えるために、発掘を中止し、そのままの姿でとどめられている。鳥居の高さは見当がつくと思うが、これがここまで埋まるかと思うと、噴火による火山灰がいかに凄かったかが分る。この道端にある埋没鳥居の横には、黒神元気塾という小さな資料館があった。そこには、大正大噴火の猛威を伝えるパネルやもうもうと噴煙を吹き上げる桜島の写真などが掲示してあった。久しぶりに、そのパネルをここで紹介しようかとも思ったが、今回の原稿がもう十分すぎるくらい長くなったので、やめることにした。興味のある方は、やはり現地で見てほしい。

こうして、桜島をぐるりと巡るツアーを終えて、桜島港に戻ってきたら、図らずも丁度2時間が経過していた。桜島港から離れるフェリーから、遠ざかる桜島を見ていたら、朝方の逆光に浮かぶ桜島とはまた違い、まるで、SF映画のエンディングのシーンにでも出てくるような、火山島風の桜島がそこに浮かんでいた。

大和撫子七変化ではないが、この桜島も「1日のうちにその姿を七色に変える」と言われている。「七色」というのは、多分、一日の中でも、光の具合によっていろいろな色に違って見えるということなのだろう。ただ、最近の大和撫子(?)は、十七変化するみたいだから、七色くらいでは驚かないか。ま、これも蛇足かも知れないが・・・。

ある時は、火山灰を撒き散らす迷惑な山かも知れないが、鹿児島には桜島がよく似合う。その時々の天気や時間によっていろいろな表情を見せるこの島は、とにもかくにも鹿児島の人たちの生活やリズムに溶け込んでいる。心のふるさととも言われる所以はそのあたりにあるのだろう。雄大な桜島と青い錦江湾の海、鹿児島を離れて間もないのに、また会いにゆきたい。

(写真先頭は、帰りのフェリーから望む順光の桜島)

|

« あ、そっ | トップページ | アフロブルーな夜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜島って十七変化?:

« あ、そっ | トップページ | アフロブルーな夜 »